進学を希望するとき予備校に行くことは必須でしょうか

できるだけこどもを良い環境に置きたい

できるだけこどもを良い環境に置きたい中学受験では有名進学塾へと通わせることが進学先を判断するうえで、早めの対応は必須

こどもの育成を親として考えていく中で、できるだけ良い環境に置きたいと思うのは当たり前のことだと思います。
「朱に交われば赤くなる」とか、「門前の小僧習わぬ経を読む」とか、「孟母三遷」などなど、未知数で柔軟で与えられた環境を疑わずに受け入れ、良いも悪いも吸収してしまうこどもたちだからこそ、なるべくよい環境におくことで、知らず知らずのうちに良い影響を受けて欲しいと思ってしまいます。
こどもの貧困が叫ばれていて、そんなことかまっていられないという方もいらっしゃるかもしれませんが、俗に言うお受験に始まって、受験熱はけっして衰えていませんよね。
そんな中で、塾や予備校に通うことって、どうしても必要なんでしょうか。
実は、私、こどもの進学にあたって、自分の経験しか参考にしていなかったので、失敗の連続でした。
当たり前ですが、自分の受験経験なんて、リアルタイムの受験環境には全く通用しませんでした。
まずは、小学校受験からですが、みんなに開かれた存在であるべき国立大付属小学校へ進学させたくても、事前準備が必要ですし、なによりくじを引き当てる運も必要なんて、まったく知りませんでした。
この時点では、こどもの資質うんぬんより、親の情熱や努力のほうが評価されているんだと努力不足を実感しました。

おすすめの予備校はこちらGLS予備校