進学を希望するとき予備校に行くことは必須でしょうか

進学先を判断するうえで、早めの対応は必須

進学させるのは当たり前と思っていたくせに、1年生から準備が必要なんて、トホホということで、今、考えると、中学受験から続いて塾から離れないでおくことが、結果的に高校受験に反映されるんだなあと気づいた次第です。
それでもなんとか、私立の中高一貫校に高校から入ることが出来たのでした。
学校側が予備校へ通うことで安心して学校の授業をおろそかにすると逆効果となるので、高校の授業に専念してほしいというお話もあり、そのまま2年生の夏も過ぎていきました。
部活もひと段落で、受験に集中する時期になっても、本人は予備校へ行きたいなどと言ってこないので、年末近くまでそのまま過ごしていました。
が、さずがにセンター試験まであと1年となると、不安になり、無理やり予備校の説明会へ行くことにしました。
遅かったなと思います。
現役合格を重視する昨今、高校も受験指導に積極的で、大学進学に予備校は必須ではないのでしょう。
でも、プロの情報量は常にアップデートされており、学力うんぬんよりも、進学先を判断するうえで、早めの対応は必須だと実感しました。
結局、大学受験も失敗し、浪人となりました。

できるだけこどもを良い環境に置きたい中学受験では有名進学塾へと通わせることが進学先を判断するうえで、早めの対応は必須